絵画 同好会

絵画の同好会

スポンサードリンク

HOME>皆で絵を描こう<リンクメニュー

絵を描こう!皆が持ってる絵の心♪


一枚のキャンバスからすべてが始まる

絵画同好会に入らなくても絵を描くことは誰でも可能。「綺麗に描きたい!人が見て上手いと言っては貰えない。恥ずかしいし自分に描けるはずがない。お世辞に上手いと言ってくれるだけで、本当は笑っている」と本当に思っている方が殆どです。しかしこの頃は趣味も多様化して、そんな考えの人も、絵手紙や水彩、色鉛筆スケッチ、油絵と独学や絵画同好会で結構楽しんでいる。

絵は切っ掛けが上手く行けば参加し易い。油絵以外は費用が余り掛からない。絵を描くことは手頃の上、整理も始末も便利です。参考本は幾らでもあるし、インターネットで趣味のホームページには、素晴らしい内容の絵が一杯あります。私も多くのホームページを閲覧し、「自分の作風はこの先生の作品だ」と勝手に師匠を決めている。
1975年・油彩/子供がキャンバスの
上を歩いたり邪魔をしたものです。

絵と写真に言える事は、絵の作風も撮影にも性格が見事に出てくるものです。性格の優しい人は、繊細で纏まった綺麗な絵を描かれます。たとえば画用紙に全体像が見事に収まっています。おおらかな性格の人は(子供に多く見られます)枠に捉われないで絵がはみ出し、躍動感に溢れた大胆な絵になっています。

それでは上手い下手はどう決めるのでしょうか?超素人の凡人では印象画・抽象画はさっぱり解りません。純真無垢な小学校の絵が似ているように感じます。殆どの人はむしろ写真のような写実的な絵が、上手に描けていると感心しているのです。綺麗な上手な絵とは、即ち素人目には本物に近い写真のような絵を思い浮かべます。

専門家ではありませんので上手下手の評価など出来ません。思ったまま心を飾らず、一度描いてみてはどうでしょうか。でも最初の一枚は片意地張って参考絵を見ながら、綺麗に写実的に描こうとします。枠の中に必ず収めて描いています。でも絵は写実から始まります。ホームページを訪ね、好きな絵を模写し習ってゆけば上達するものです。
透明水彩画材は早くから用意していた。筆は100円ショップの女性:化粧用筆と書道筆が便利です。購入絵の具以外、余り費用は掛からない。透明水彩は気軽で楽な趣味である。

機会があって都市の美術館へ行ったことがあります。多くの絵があり、必ず係員が各部屋に常駐しています。とある絵画の前で、20センチ近くで目を凝らして見ていたら注意を受けました。後で知ったら数億円の絵だそうです。素人には見分けが付かないのです。せめてロープなどの立入制限があるほうが望ましいと思いました。

立派な美術館に素人は行かないほうが安全かな?私の絵画の認識はそんなものです。見る人により、宝にも普通の壁飾りにもなってしまうのです。絵描きも本格的に習うなら別ですが、単なる趣味なら楽しく皆で気軽に参加したほうが良いと思います。通りすがりに趣味の小さな発表会があったら、覗くのはいい刺激ですし切っ掛けが出来ます。

街の中の公共施設で90歳近い方が個展を開いて見えました。つい時間を忘れ話し込んだこともあります。ちょいと記帳しておけば必ず案内が来るものです。切っ掛けは自分で容易に探せます。知り合いが絵の指導をされながら近くの大きな公園で週3日写生同好会をしています。水彩も油絵もあり、小さな発表会も開催しています。たまに公園に出かけますと趣味のお仲間が多く見受けられます。

桜は満開!春うららです。「今日からお仲間に、宜しいですか?」「どうぞ、どうぞ」公園の同好会は門戸が広いんです。女性が多いですよ!
下は名古屋市緑区の大高公園です。四季変わりなく、決まった日には午前10時ごろからどこかに集まっています。ご参加、歓迎されています。


     
デビューから丁度一年が経過しました。そして随分と上達しました「ここはこんな色がいいですよ」 ううん、なるほど・・解りました。

スポンサードリンク




この頃は近郊の陶磁器の生産地に出掛けます。尾張と美濃は一大産地で、古い佇まいが郷愁を誘い、写真の題材にも写生にも適しています。地域には江戸時代の名残の多い旧街道や城下町、古戦場も遍路道もあり、スケッチに撮影にとポイント探しには事欠きません。「おらが町!住んでる町が世界一」が分かるように思えます。


大きな文房具店には画材のコーナーがあります。絵手紙の小冊子も色々あり、絵筆の中に水を入れ使う便利なものもあります。安価で手に入る道具から初めても面白いです。100円ショップにも応用が可能な小物が手に入ります。一度画材コーナーも覗いて見ると、意外にやる気が出てくるものです。お習字の墨筆も水彩には結構使い勝手がいいですね。
紅梅や木蓮が咲く彼岸の頃になれば、公園の陽だまりは青空教室の幕開けの場となります。「先生!これでいいですか?」
セカンド・ライフは悠々自適!女性も水彩画に取り組んでいます。 「ああ、あんな色であんな風に描くんだ」
木陰なら日焼けの心配もありません。四季の移ろいを肌で感じ
美味しい空気を胸いっぱいに吸いましょう!今日も習ってみたい
中高年の見学衆が一杯、俄然はりきりモードになっています。

見学しながら何れお仲間にどうぞ!先生は気さくな方です。
「展示会これにしよかな?」と決めた自信作が揃いました。絵&スケッチの小さな発表会ですが、どれも力作ばかりです。習い始めて短い方も大きな進歩が見られます。挑戦!良かったですね。
スポンサードリンク

contents    
□ 趣味と家族をつなぐ道〜TOP

□ セカンド・ライフと趣味について
趣味で健康・病気も退散
□ 健康づくりに通じる趣味
□ ウォーキングで健康増進!
□ 忍び寄る病!原因は高尿酸
□ 腎臓・尿路結石で大騒ぎ!
□ メタボリックシンドローム
└ さよなら:メタポリック
 高血圧症について
└ 高血圧症の予防と食事
□ インタ-ネットと疲れ目対策
 
整体で肩こり・腰痛の治療
 背中をトントン凝りほぐし
□ はちみつとミツバチの話

□ 蜂蜜は自然の味:養蜂園
撮って描いたエクセル画
□ たちあおい・初夏の花
□ ハナショウブは浴衣美人
□ 優雅に白いハクレンボク
□ 危険な信号・大金鶏菊
□ 日日草は簡単栽培
□ あさがお&つるべ
□ ひまわりと夏休み魚とり
□ 梅雨のあじさいは陽光
□ エクセルでシェイプアート

地域の歴史&観光名所
□ 散歩道の歴史探訪
□ 旧東海道・鳴海宿と芭蕉翁
□ 郷土史:桶狭間の戦い・謎

□ 戦国歴史の古戦場を辿る
□ 古戦場は絞りの町

地域の歴史&観光名所 ?A
JR東海のリニア・鉄道館
□ 薩摩義士の苦闘・宝暦治水
 木曽三川と治水の歴史
└ 船頭平閘門と輪中の郷

写真とスケッチの趣味
□ 写真の世界の変遷とデジカメ
□ 写真フィルムの整理
□ フォトアルバムの編集
□ スケッチ絵のすすめ
□ パソコン・エクセル画とは
□ エクセルオートシェップPC画
□ 彼岸花の咲くころ・美濃
□ 絵手紙風の季節画・吊るし柿
自分に合った趣味探
□ 絵画同好会での写生と道具
□ 仲間や家族で楽しむ時間
└ 中高年・趣味のオートバイ
□ 映画の感動は永遠に
□ 陶器生産地の里めぐり

500円玉の貯金箱は缶
自然と草花といきもの
□ 植物・草花との触れあい
□ 自然薯掘り、滋養強壮食
□ 可愛いトンボと野鳥たち
└ 公園で自然の生き物観察
□ 紅白三色花桃の里を行く
□ 南信州の桃源郷と名所
□ 見目麗しいハスの花園
□ ベゴニア温室は南の風
 休暇村富士のヤマガラ


ローカルの旅に道の駅
□ ナビのドライブで道の駅めぐり
□ 日本一暑い町は美濃焼の町
陶磁器生産日本一は岐阜県
□ 
薄墨桜と根尾谷断層の地へ
□ 
農村景観日本一と巨大水車
□ 
高原の道の駅・温泉と棚田
七夕と農業と車の三河地方

 
風力発電・農業生産日本一

□ 
名曲:椰子の実と岬の灯台

天空の里に日本のチロル
暮らしの中の心の癒し
□ 園芸と菜園とプランター
□ 日本の古民家、ミニチュア化
□ 田舎暮らしにバイオトイレ
└ 田舎暮らしに環境トイレ
□ 新美南吉とごん狐の里・彼岸花
□ 故郷回帰は望郷の想い
□ お遍路道を歩いてみよう
 木のおもちゃで情操教育
省エネは自動制御 ?@ ?A

管理人&相互リンク
□ プロフィール
□ リンクについて・リンク集 


Copyright (C) TOPページに戻る All Rights Reserved