戦国 歴史

戦国の歴史

スポンサードリンク

HOME>桶狭間古戦場を辿る<リンクメニュー

戦国の歴史を訪ねて、誰か語る兵どもが夢のあと


四部構成
?@地域の今昔を知る ?A桶狭間の戦い ?B古戦場を辿る道 ?C古戦場は絞りの町

合戦時5/19は新暦では
 6/12の梅雨の季節です。
戦国の歴史・桶狭間古戦場を歩く

初めて2つの古戦場を訪れてから40数年が経つ。最初は国指定の戦国歴史跡の桶狭間古戦場が正しいと思っていた。なぜ2ヶ所あるのかが解らなかった。戦跡を訪れる度に何か疑問が出てくるのです。映画も戦国の歴史小説も圧倒的に迂回奇襲説で通している。得られる資料は歴史小説か映画かTVでした。しかしこの10余年で変わった。

戦国歴史の古文書である「
信長公記」の分析や幾多の検証もされ、また文明の利器・インターネットで高尚な情報が得られるようになり、比較や戦跡確認が容易になってきたのです。ただ数百年で現地の変貌が著しく、目での検証が難しくはなっています。永い間の疑問は鎌倉街道です。東浦や大高街道に比べ、辿るのが難しくなっている。

近頃は「桶狭間合戦最近の学説」で織田軍の正面攻撃を取り上げています。私が永い間思っていた地元の伝承説も出て来ています。「通説の迂回奇襲作戦は江戸時代前期の創作である」との新説も出てきました。また戦国歴史上に名高いこの戦いが上洛の前哨戦か、単に三河:尾張の平定の為なのかも調べることが必要です。

無謀か賭けか、10分の1と言う軍勢で本陣を強襲する戦法、戦国史にひときわ異彩を放ちます。この後、40年間の天下統一戦の分疑点とも言える。この戦いの正確な内容を本当に知りたいものです。論功行賞で勲功一番により沓掛城主になった織田軍の諜報参謀・簗田(やなだ)出羽守の逸話もある。今川軍の動静を的確に捕捉し伝えたと言われている。

しかし大軍の内、3,000とも言われる今川本陣のみを強襲出来たのは情報のお陰ばかりでもなく、偶然と偶発のタイミングの妙とも取れます。「楠木の巨木が倒れた」豪雨が起こるとは誰が予測できたろうか。近年の研究では大軍を分散し間隙を突かれた布陣、緒戦での勝利に驕った兵の乱取(略奪)行為など指揮系統の乱れも敗戦の一因とされている。

※「信長公記」
近年、信長公研究の超一級の史料とも言われている。
筆者は信長公側近の太田牛一。織田信長公の出生から最期に至るまでの事跡を克明に記した伝記。永い間、大名家の蔵書で世に出ず、検証がされていなかった。
迂回奇襲説側:国道一号線の古戦場看板
敵将に一番槍!服部小平太の膝を斬った義元公の刀
宗三左文字」をキーワード検索でお勧めな情報サイトへ。誕生と経路、この合戦後の数奇な事実は感動もの!。本能寺&天明の業火をも潜り抜けた希代の名刀はやはり凄いです。
:京都・健勲神社蔵で国の重要文化財

 前ページ,、足で調べた戦域図、開きながら見ると便利です)

この地は往時も今も経済や戦略上の大動脈、ここを制する重要性が判ります。今でも新幹線、JRと私鉄、国道1号線&国道23号線、伊勢湾岸道路、国道302号:名古屋第二環状自動車道、第2東名(いずれ道路利用は1日・20万台の予測)と古代から変わらぬ交通の要衝です。当時は東西に通じる戦略上重要な関門でした。

古鳴海を通過するとき織田軍は4,000弱、丹下砦に300、善照寺砦に1,000を割き、僅か残る2,000余の軍勢のみで攻撃を仕掛けるのです。丸根・鷲津砦に援軍を送らず見殺しにしても敵を欺く、信長公の心中は余人では計り知れない。 砦を落とした今川軍は鳴海城、大高城、鷲津砦の前面に広がる海の拠点も確保した。

黒末川(扇川)の河口には、同盟の長島一向衆(愛知県弥富一帯)服部左京助の数百艘(?)にも上る船隊(14年後、織田軍の大虐殺により殲滅)が集結した。今川義元公が大高城に入城と呼応して、軍事行動を起こす態勢を敷き、海上から織田軍を威嚇している。陸と海に夥しい敵の大軍、正に「蟷螂(とうろう)の斧(おの)」に近い状況であった。

桶狭間の方面に今川本隊の存在を察知した頃、有松高根山(現在、名鉄:有松駅南南西500mの有松神社)の善照寺砦方面・物見の今川軍前衛:松井宗信隊1,000兵に(?)、佐々隼人正・千秋四郎
と兵300が突っ込み50騎が討ち取られ部隊は壊滅。間を置かず信長公は「戦いに疲れた大高勢だから自軍は勝てる」との激を飛ばした。

大高城近くの砦を放棄して中島砦前衛に居た佐々:千秋隊の、今川前衛部隊への突撃の実態もはっきりしない?・他の説では佐々隼人正・千秋四郎が突入攻撃したのは鳴海城とも言われているが、どちらが真実かは確証できない。(佐々:千秋隊の動向は信長公記では抜け駆けを臭わせ、他説では敵前撤退の責任を取った自殺攻撃とも)?

千秋(せんしゅう)四郎秀忠(すえただ)は熱田神宮の大宮司家(鎌倉幕府・源頼朝公の生母の里)出である。知多半島先端の師崎:羽豆崎の城主でもあった。千秋家の墓地は我が家の北1キロ余、野並・天白:相生山西方にある。話は逸れるが源頼朝公も熱田生まれの愛知県産である。父、源義朝公は愛知県知多半島の美浜で謀殺されています。

織田方鷲津砦跡、緒戦で陥落
この山頂周辺も立派な邸宅が建ち並ぶ住宅地です。
合戦の5/19早朝、この砦も
南の丸根砦と共に陥落した。きつい坂ばかり、自転車を麓に捨て置いて登った。
大高城跡から鷲津砦跡を望む(間700m)
松平元康(家康公)が兵糧入れに成功した大高城、疑心の中、翌夜には撤退した。
城下は造り酒屋もあり、風情のある町です。散策や写真・スケッチにはお薦めです。

熱田神宮の元宮:ヤマトタケルや草薙の剣の本家・氷上姉子神社が近くにある。

織田軍は善照寺砦に多くの旗・幟を立て本隊在陣を装い、午前11時から12時ごろ中島砦に進む。
正面攻撃説では手越川沿いの南東湿地帯か、有松へ抜ける隘路(狭くて通行の困難な道)か有松北背面の山側を、大将ヶ根から生山(逢山)〜武路釜ヶ谷(現在、名鉄:有松駅南南東1,500m・桜花学園名古屋短大駐車場南西端の雑木林・愛知用水脇)辺りまで音も無く進軍したとの説である。

戦場:桶狭間一帯の山麓(昭和の中頃でも一面の林)の敵陣は目と鼻の先、2300m手前の谷間に潜み突入の機を窺っていたと言う。高根山は高さ50m、頂上からの眺望は今でもすこぶる良い。山また山の当時なら中島砦や善照寺砦方面の見晴らしは、戦略上、先鋒隊が物見として陣を張るのに最適であったと感じる。

連なる幕山、巻山にも井伊直盛隊1,500が布陣していた。三河物語の「今川勢が西北の守りを重視していた」との記述は頷ける。そんな眺望の良い高根山より北東谷間(1キロも離れていない)を織田軍の本隊2,000余が、(中島砦南方面・手越川流域・鎌倉街道など今川偵察部隊が緻密に配置されていたはずの中、まして大雨が降る直前に
隠密裏にどう駆け抜けたのか?摩訶不思議!!

今川方は右の高根・幕山に2,500、正面に本隊数千の兵、正面攻撃のセオリーに逆らっている。(
迂回奇襲攻撃説が出るはず)しかし正に周辺の状況をも看破した上での運命を掛けた大勝負だった。信長公の一点集中の攻撃に天が味方した。13時頃、突如雷を伴う豪雨になる。一時視界もままならぬ程の薄暗い状況、天地鳴動の局地的な大雷雨だった。

旗や幟で織田本陣に偽装した善照寺砦跡
当時この地域は山と海と川で人家もまばらとの伝え、当然、見事な
見晴らしであったろう。今は建物ばかりだが南の眺望は抜群である。
今は個人の敷地内にある中島砦跡
善照寺砦の南、扇川:手越川の合流地に位置する。各砦から丸見えの
低地にあった。
最前線の砦、ここから戦場・桶狭間へ向ったのです。

勿論、両軍とも身辺に金属を一杯付けている。刀、槍、兜と鎧、山側の今川の兵士は落雷を怖れ避難する。織田軍が大軍から分散して小規模になっている本陣を見つけた。14時、雨上がりの中、2,000余りの兵が突撃猛攻を開始した。義元の本陣との確証は、慌て捨て置かれた塗輿を発見したからとも伝えられている服部小平太らの奮戦、義元公討死までは幾多の逸話で語られている。

織田軍の突然の「おけはざま山」本陣奇襲を300m〜500mの近接にあった高根山・松井隊と幕山・井伊隊は予期せぬ事態に慌てふためいた。本陣警護に馳せるべく急ぎ山を下ったが、おけはざま山との間は狭い谷間のような盆地に一面の深田、(地形参照)今川方の陣地防衛の要害であった梅雨期の水を張った泥田は逆に不利な地形になっていた。織田軍には今川前衛軍を遮断する要衝となった。

松井隊と井伊隊は本陣に辿り着く前にV字の谷間の深田に足をとられ阻まれて行く。将兵は身動きが取れず悉く打ち砕かれ松井宗信・井伊直盛ら武将も次々討ち取られ首級を挙げられて行く。巻山も包囲され殲滅の様相強く、総大将を討たれた今川軍は断末魔の総崩れになり東方や大高方面へ逃げ惑う。義元公の戦死によって今川軍の本隊は壊滅、織田軍の大勝利となったのです。

そして合戦は2時間余りの短い戦闘で勝敗が決した。それが後世の大きな疑問となっている。凄惨な戦場での首検分も終えた(更に清洲へ持ち帰り検分)。織田軍は日暮れ前には凱旋の道を清洲へと帰る。夕刻、海を埋め尽くすほどの船隊も徒労のまま散って行く。翌日、松平元康公(家康公)も大高城を夜陰に退却した。丸根、鷲津の占領砦も放棄されて行き残るは鳴海城のみになったのです。

鳴海城は今川の猛将:岡部五郎兵衛長教(元信)が1,000余の軍兵で孤軍奮闘、頑強に抵抗した。攻防戦は膠着したが終戦に向って行った。やがて岡部は信長公と交渉、降伏したが放免になり鳴海城を明け渡した。(昭和18年、子孫が大碑を建立している)永年の通説では開城が「義元公の首級と引き換え」とのことだが、以下の如く鳴海城を明け渡した条件で履行されたかも知れない。

「信長公記」によれば首級は、首実検に立ち会った捕虜に太刀など褒美を与え、僧を伴わせて鄭重に返還したと記述してある。義元公の首級は駿府天沢寺に葬られた。(胴は家来に運ばれたが織田軍追撃や腐敗のため、途中の豊川:牛久保・大聖寺までしか辿り着けなかった)この戦いには若き日の秀吉・前田利家などの日本歴史に名を残す武将も従軍していたのです。

松井宗信家&岡部五郎兵衛家のその後も興味深い!駿河内、武田、北条との一族存続の死力の戦い、戦国武将の波乱の生涯&子孫の生きざまは真に凄い。極東国際軍事裁判(東京裁判)で南京大虐殺の責任者として絞首刑された松井石根大将は尾張藩松井家の一族、松井宗信の系統とも言われている。昭和8年、ここ田楽坪でご先祖様(松井宗信とその部隊)が落命した地に石碑を建立された。

下の写真上段右の(桶狭間古戦場田楽坪と彫られている)左端の2m余りの石碑です。明治以来の陸軍は豊明の古戦場跡を重点的に戦術分析の対象として研究している。松井大将が一方の戦場、田楽坪に碑を建立したのは何故だろうか?ご先祖が高根山から本陣に下り田楽坪の深田で討死されたのを既に承知されていたのか。主戦場の信憑性にますます疑問が湧いてくる。

スポンサードリンク




※松井碑の隣の小さな碑も埋没していたものが偶然発見された。下部が欠損して年代判定などの解析は不可、真に残念です。
迂回奇襲説側:桶狭間古戦場跡
名鉄:中京競馬場前、国道1号線と旧東海道の交差地の南側にある。
今川義元公の受難地が判らないだけで二つの古戦場のどちらが本命か?
戦域が東西広域に跨っていたのは事実であり。慰霊祭は連合で地域活性を?
正面攻撃側:桶狭間古戦場公園
これより300mほど北に戦死者を弔ったと言われている七つ塚の一つが移転され
現存している。50m間隔で七つの穴を掘り戦死者を埋葬したと言われているが、
江戸から今日まで耕作地になったり、宅地化されて消滅してしまった。怖いですね!
正面攻撃説側:桶狭間古戦場公園の義元公の墓
哀れ敗軍の将はお墓が駿府、豊川、豊明、有松と多い。無念と悔悟、将も兵も
無念であったろう。戦国の世は儚い。奥の小さな「駿公」と彫られている墓石は
駒止めの木移植の際に発掘されたもの、祀った年号が判れば歴史も変わる!
正面攻撃説側:桶狭間古戦場近くの長福寺
境内にある今川義元公の首検分の場所との説明碑である。駿河からの
御付衆の茶坊主:林阿弥は義元公や没諸将の首検分を命ぜられたと
言われている。堂内には「義元公・宗信公」の木造が安置されている。

桶狭間の戦いも終焉し、三河国境の砦は瞬く間に織田軍門に下っていった。5月23日、 今川方が遁走した岡崎城に本来の国主:元康公が戻った。後に天下統一に至るとは、開運の本命は徳川勢だったかも知れない。織田との国境争いや宗教内乱も頻発したが2年後家康公は織田と和議、ここで三河と尾張は平定となったのです。

想えば「つわものどもが夢のあと」敗軍の将は兵をば語らず、勝者もしかりです。2つの義元公のお墓も将兵の碑もみすぼらしく悲哀を感じさせます。7年後、信長公は天下布武を旗印に激しい闘争に明け暮れ歴史を創成して行く。そして22年後、自らが示した戦いの教範を倣わず、本能寺で終止符を打たれたのです。
   
兵どもが夢の跡を行く

「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。 一度生を得て滅せぬ者はあるべきか」のとおり、信長公は遠大な野望を叶えずして、49歳の生涯を閉じたのです。歴史が
ifで戻ったりしたら面白い、信長公はどんな日本を創造していたのだろう。戦記にある桶狭間の山は範囲の広い丘のような山々、固有の山ではない。2つの戦跡の間にあり、現在、往時を偲ぶのは胸のあぶつ坂道が多い起伏である。僅か半世紀で大学、高校、病院、頂上には中小工場、住宅と周辺が変わる。

今では戦跡を調べることも頗る難しい。起伏の多い山や丘陵を取材するのは実にしんどかった。往時、天候さえ好ければこの丘陵の陣地は絶好のロケーションである。西北の谷一帯の眺望は良く、地の利は断然に今川側にある。だが今川方はなぜ梅雨期を選んだのだろうか?大国駿河は尾張を禄高で圧倒し、動員兵力も桁違いである。だが大将が多過ぎの寄せ集め軍団ではなかったのか?

大高・丸根・鷲津の作戦を成功させ織田軍先鋒を蹂躙し、「うつけ」の噂の敵大将を軽んじ、勝って兜の緒を緩めていた義元公の油断も有ったろうが、狼煙も伝令も迅速な兵の展開もままならなかった急激な天候変化が戦いの雌雄を決したのかも知れない。熱田神宮ご神霊のご加護か、それほど神懸り的な大勝利であったのです。熱田神宮の信長塀の寄進も真実であろうと思えてきます。

熱田神宮
清洲から桶狭間出陣の途上、熱田神宮へ立寄り勝利の願文を奉じた。
平成25年で創祀1,900年を迎える。皇室にも関係が深い神社である。
7月末、カンカン照りの緑陰は最高!内緒で 林間学校の机で暫し休憩
信長塀 
桶狭間で大勝し、御礼として奉納した塀である。土と石灰を油で
塗り固め、瓦を厚く積み重ねている。京都・三十三間堂の太閤塀、
大阪の西宮神社の大練塀と並び、日本三大塀と言われている。


当サイトは歴史専門ではありません。
3ページを割いただけの大雑把な桶狭間の戦いを記述してある程度です。両軍の実際兵力の分析(戦闘兵団と支援部隊の割合)戦前の駆け引き、作戦と詳細な経緯、本当の戦場の推理、当時の領土分布や遡っての群雄攻防の歴史などは記述していませんが、限られた枠内で精一杯纏めてみました。私も関連のサイト様の多くに訪問しては知識を頂きました。検索すれば内容の濃い「桶狭間の戦い」の歴史サイト様が多くあります。

地元の地形や知名が分かれば尚更興味深く引き込まれます。歴史の真実は、その場に居た人以外は誰にも解からない。兵士や民の極地的な現場の記憶や、誇張されて行く広範囲からの人伝情報を、どう精査して真実として伝えて行けるのか甚だ疑問です。昭和の近代史、特に大東亜戦史(日中戦争、特攻作戦や沖縄の集団自決など)にしても、僅か一世紀に満たない過去の出来事ですが霧に包まれています。多くの歴史情報と推理や仮説などを読み、自分ながらに推測、納得して歴史の真実として捉えることも一つの方法です。
スポンサードリンク

contents    
□ 趣味と家族をつなぐ道〜TOP

□ セカンド・ライフと趣味について
趣味で健康・病気も退散
□ 健康づくりに通じる趣味
□ ウォーキングで健康増進!
□ 忍び寄る病!原因は高尿酸
□ 腎臓・尿路結石で大騒ぎ!
□ メタボリックシンドローム
└ さよなら:メタポリック
 高血圧症について
└ 高血圧症の予防と食事
□ インタ-ネットと疲れ目対策
 
整体で肩こり・腰痛の治療
 背中をトントン凝りほぐし
□ はちみつとミツバチの話

□ 蜂蜜は自然の味:養蜂園
撮って描いたエクセル画
□ たちあおい・初夏の花
□ ハナショウブは浴衣美人
□ 優雅に白いハクレンボク
□ 危険な信号・大金鶏菊
□ 日日草は簡単栽培
□ あさがお&つるべ
□ ひまわりと夏休み魚とり
□ 梅雨のあじさいは陽光
□ エクセルでシェイプアート

地域の歴史&観光名所
□ 散歩道の歴史探訪
□ 旧東海道・鳴海宿と芭蕉翁
□ 郷土史:桶狭間の戦い・謎

□ 戦国歴史の古戦場を辿る
□ 古戦場は絞りの町

地域の歴史&観光名所 ?A
JR東海のリニア・鉄道館
□ 薩摩義士の苦闘・宝暦治水
 木曽三川と治水の歴史
└ 船頭平閘門と輪中の郷

写真とスケッチの趣味
□ 写真の世界の変遷とデジカメ
□ 写真フィルムの整理
□ フォトアルバムの編集
□ スケッチ絵のすすめ
□ パソコン・エクセル画とは
□ エクセルオートシェップPC画
□ 彼岸花の咲くころ・美濃
□ 絵手紙風の季節画・吊るし柿
自分に合った趣味探
□ 絵画同好会での写生と道具
□ 仲間や家族で楽しむ時間
└ 中高年・趣味のオートバイ
□ 映画の感動は永遠に
□ 陶器生産地の里めぐり

500円玉の貯金箱は缶
自然と草花といきもの
□ 植物・草花との触れあい
□ 自然薯掘り、滋養強壮食
□ 可愛いトンボと野鳥たち
└ 公園で自然の生き物観察
□ 紅白三色花桃の里を行く
□ 南信州の桃源郷と名所
□ 見目麗しいハスの花園
□ ベゴニア温室は南の風
 休暇村富士のヤマガラ


ローカルの旅に道の駅
□ ナビのドライブで道の駅めぐり
□ 日本一暑い町は美濃焼の町
陶磁器生産日本一は岐阜県
□ 
薄墨桜と根尾谷断層の地へ
□ 
農村景観日本一と巨大水車
□ 
高原の道の駅・温泉と棚田
七夕と農業と車の三河地方

 
風力発電・農業生産日本一

□ 
名曲:椰子の実と岬の灯台

天空の里に日本のチロル
暮らしの中の心の癒し
□ 園芸と菜園とプランター
□ 日本の古民家、ミニチュア化
□ 田舎暮らしにバイオトイレ
└ 田舎暮らしに環境トイレ
□ 新美南吉とごん狐の里・彼岸花
□ 故郷回帰は望郷の想い
□ お遍路道を歩いてみよう
 木のおもちゃで情操教育
省エネは自動制御 ?@ ?A

管理人&相互リンク
□ プロフィール
□ リンクについて・リンク集 


Copyright (C) TOPページに戻る All Rights Reserved