故郷 回帰

 故郷へ 回帰

スポンサードリンク

HOME>故郷を想う<リンクメニュー


故郷には童歌と山河が織り成している♪


加齢なる望郷◇故郷回帰は本当の故郷探し
カミさんの故郷
 
故郷と聞いて想い浮かべること、懐かしくて嬉しくてほろ苦い、時には想い出すのも辛いこともある。その人それぞれの思いが交錯する。ふと故郷へ回帰を考えることがある。そんな時「本当の故郷はどこなんだろう?」生まれも育ちも全てが同じ地域なら、そこ一本で故郷が定義できる。しかし過去に生活基盤が幾つもあり定義もできない方も見えます。親の転勤や家庭の都合で住まいも変わり、出生地・育まれる地・教育就学・就職地など自分の都合に関係なく転居する場合があります。住まいを中心に故郷が形成されて行くのです。

私はこう考えています。自分の今日まで生きてきた人生で比較的永く住み、最も強く印象に残っている地域が故郷ではないかと思います。物心付いて印象に残っている幼い時代の記憶は、たとえそこに居た期間が短くても、断片的ですが鮮明に想い出されます。歳を経てからの記憶は曖昧ですが幼児の頃の記憶は繊細で強いのです。動物の世界でも目の見えない頃に親とはぐれ、人や他の動物に育てられ最初に見えたものを親と意識すると聞きます。最初の記憶が潜在意識に入るのです。

故郷回帰は鳥の帰巣本能に近いと思う。生まれ故郷と言われる場合は出生地であり、物心が付いてない頃に離れても、家族と一緒にいたところです。そこが国内であれ海外であれそうと思います。同世代には朝鮮・台湾・中国生まれ、樺太生まれも居ますが、その方たちは出生地を生まれ故郷と言っている。冒頭に記述しました出生地と生活地がずっと一緒の方の中にも、「時には一度違う土地に住みたかった」と贅沢を言われる方も見えるでしょうが、故郷がそこに在り、一ヶ所なら本当に幸せです。

他府県から就職で来られ勤務地での生活基盤が永く、定着すればそこが新しい故郷ではないでしょうか。子供達にはそこが故郷です。当人には一般に良く使う第二の故郷です。それぞれの方がそれぞれに定義しても自由です。第三も第四の故郷があっても不思議では無いのです。数年住み好印象や懐かしさで、時折行きたい帰りたいと思い出す場所が心の故郷なのです。「国に帰りたい」回帰の思いは印象の強い
土地への郷愁からです。生れた所とは限らないのです。
転勤族の家庭に生まれれば、比較的印象に残るのは同一地域で就学を終始したところが多いものです。幼稚園、小学校、中学校、高校と住まいに近い地域の学校に通ったところ、友が多く青春の地、酸いも辛いも経験したところ、幾ら変貌が激しくてもそこに行けば、たちどころに当時の情景が戻るところです。「あぁー、死ぬまでに戻りたい」

あそこはどうなっているだろう、友や近所の人達は今どうしているのだろうか?」と切ないほどの郷愁で夢でも涙が溢れます。決まって何十年前の風景とその時のその人の顔が想い出されるのです。また親や兄弟姉妹や親類が未だに住んでいる、自分が生まれ育ったところ、印象深い思い出の地なら完全に故郷です。豊かな思い出が夢に出てくるところです。

私は転勤族走りの家庭に生まれました。藩の時代の武士や明治の頃から銀行員や公務員(当時は軍人家族も含む)は転勤がありました。その頃の世間の会社工場はどうか存じませんが、父は航空機製作会社で陸・海軍機の電気配線担当でした。兵士として昭和十六年召集、そして南部仏印進駐・(ベトナム・サイゴン駐留)でしたが、軍需生産に必要な熟練技能者として帰還させられたのです。

そして熊本の航空機製作所:昭和18年新設(1943)に翌年配属されました。祖父・祖母と親子5人でした。勿論、乳飲み子の私も含まれていました。社宅での生活は昭和23年までですが、私が物心が付いた頃の記憶は社宅の周辺です。それが生まれ故郷でない最初の故郷です。航空機製造も占領軍に禁止され、工場閉鎖を前に名古屋へ引揚げました。見知らぬ生まれ故郷へ帰り、既に60余年になります。
  

 写真:1948・03:水前寺公園
1945年(昭和20年)5月24日夕刻、現在の熊本赤十字病院辺りに有った健軍飛行場から、純粋に国を憂い家族を守るため、私達の社宅上空を飛び沖縄に飛んで行った「空挺特攻義烈隊」の勇士に合掌。7/1・2の工場と社宅への空襲、長崎の原爆、敵上陸の噂で町中大騒動の様子、工場の沖縄女子挺身隊や生産物資不足のこと、終戦の4日後、「負けたか!」と落胆して亡くなった祖父のこと、両親はよく話をしたものです。
スポンサードリンク

引揚げ一家は御多分に洩れず昭和20年代の困窮を嫌と言うほど経験し、家庭の都合での転居も数度ありました。同じ行政市区ですから生まれ故郷と生活してきた地域は同じです。しかし幼児期に記憶した風景や生活を忘れることが出来ません。歳を取れば取るほど「もう一度戻りたい帰りたい」が日増しに強くなります。その土地の水や空気や食物のDNAまでが入り込んでいるのでしょうか。甲子園で熊本の球児が出たり芸能人がTVに出たりすれば、意識する前に応援しているのです。
かって高校野球で地元:中京商業が城戸投手を擁する熊本代表:済々黌高校と対戦するのが嫌だった。何時もねじ伏せられ勝てない悔しさと、反面では熊本代表が試合に残る嬉しさが同居しているのです。昭和33年選抜決勝は両方の応援で辛かったが済々黌優勝は素直に喜べた。

昔から旅に出る場合「水が変わるから気を付けなさい」と良く耳にします。「年寄りの冷や水」もそうです。特に年寄りと幼児には空気と水が変わると、身体に変調が来ると経験から思っています。学術的な因果関係は知りませんが、空気や水が生活地域の免罪符のような気がします。
 

 
この地に戻った1948年、兄たちは小学生、私は5歳、妹は2歳でした。親や兄たちは元気でしたが私と熊本生まれの妹の体調が変わったのです。私は夜尿症や脱腸になり、妹は原因も判らず長く床に伏せ、蒼い顔で痩せ細って行くばかりでした。2年ほど変調が続きましたが、家庭での養生が当たり前の時代でもありました。この歳になってもそれが水と空気が原因だったのか確信できないのです。世の中には転勤で家族が犠牲になる場合が多いです。

特に子供たちは自分の意思外に生活圏への同化を強制されます。友達も学校も思い出も束縛されるのです。しかし逆に考えれば多くの故郷や、違った地域の友達が得られ異なった文化も知ることが出来ます。それが無形の財産にもなっています。良い方に考えれば素敵です。その地域の「空気や水」が身体に影響して変調することを、私と同じように経験された方もきっと見えるはずです。転勤の際は幼児やお年寄りに気配りを願うばかりです。
スポンサードリンク

contents    
□ 趣味と家族をつなぐ道〜TOP

□ セカンド・ライフと趣味について
趣味で健康・病気も退散
□ 健康づくりに通じる趣味
□ ウォーキングで健康増進!
□ 忍び寄る病!原因は高尿酸
□ 腎臓・尿路結石で大騒ぎ!
□ メタボリックシンドローム
└ さよなら:メタポリック
 高血圧症について
└ 高血圧症の予防と食事
□ インタ-ネットと疲れ目対策
 
整体で肩こり・腰痛の治療
 背中をトントン凝りほぐし
□ はちみつとミツバチの話

□ 蜂蜜は自然の味:養蜂園
撮って描いたエクセル画
□ たちあおい・初夏の花
□ ハナショウブは浴衣美人
□ 優雅に白いハクレンボク
□ 危険な信号・大金鶏菊
□ 日日草は簡単栽培
□ あさがお&つるべ
□ ひまわりと夏休み魚とり
□ 梅雨のあじさいは陽光
□ エクセルでシェイプアート

地域の歴史&観光名所
□ 散歩道の歴史探訪
□ 旧東海道・鳴海宿と芭蕉翁
□ 郷土史:桶狭間の戦い・謎

□ 戦国歴史の古戦場を辿る
□ 古戦場は絞りの町

地域の歴史&観光名所 ?A
JR東海のリニア・鉄道館
□ 薩摩義士の苦闘・宝暦治水
 木曽三川と治水の歴史
└ 船頭平閘門と輪中の郷

写真とスケッチの趣味
□ 写真の世界の変遷とデジカメ
□ 写真フィルムの整理
□ フォトアルバムの編集
□ スケッチ絵のすすめ
□ パソコン・エクセル画とは
□ エクセルオートシェップPC画
□ 彼岸花の咲くころ・美濃
□ 絵手紙風の季節画・吊るし柿
自分に合った趣味探
□ 絵画同好会での写生と道具
□ 仲間や家族で楽しむ時間
└ 中高年・趣味のオートバイ
□ 映画の感動は永遠に
□ 陶器生産地の里めぐり

500円玉の貯金箱は缶
自然と草花といきもの
□ 植物・草花との触れあい
□ 自然薯掘り、滋養強壮食
□ 可愛いトンボと野鳥たち
└ 公園で自然の生き物観察
□ 紅白三色花桃の里を行く
□ 南信州の桃源郷と名所
□ 見目麗しいハスの花園
□ ベゴニア温室は南の風
 休暇村富士のヤマガラ


ローカルの旅に道の駅
□ ナビのドライブで道の駅めぐり
□ 日本一暑い町は美濃焼の町
陶磁器生産日本一は岐阜県
□ 
薄墨桜と根尾谷断層の地へ
□ 
農村景観日本一と巨大水車
□ 
高原の道の駅・温泉と棚田
七夕と農業と車の三河地方

 
風力発電・農業生産日本一

□ 
名曲:椰子の実と岬の灯台

天空の里に日本のチロル
暮らしの中の心の癒し
□ 園芸と菜園とプランター
□ 日本の古民家、ミニチュア化
□ 田舎暮らしにバイオトイレ
└ 田舎暮らしに環境トイレ
□ 新美南吉とごん狐の里・彼岸花
□ 故郷回帰は望郷の想い
□ お遍路道を歩いてみよう
 木のおもちゃで情操教育
省エネは自動制御 ?@ ?A

管理人&相互リンク
□ プロフィール
□ リンクについて・リンク集 


Copyright (C) TOPページに戻る All Rights Reserved