輪中 船頭平閘門

輪中と船頭平閘門

スポンサードリンク

 HOME>輪中船頭平閘門<リンクメニュー 

木曽三川治水の歴史散歩

木曽三川治水事業、明治大改修の建造物と輪中

輪中と船頭平閘門・ヨハネス・デ・レーケと明治大改修

すでに 薩摩義士の苦闘・宝暦治水で述べましたが、輪中船頭平閘門のある木曽三川流域は昔から水害が多発し民・百姓の難儀は筆舌に尽くし難い状況でした。江戸時代に薩摩の武人たちで行われた「宝暦治水」などの工事が、幾度と無く行われましたが、充分な治水には至っておりませんでした。明治になり、政府はこの木曽三川治水は国の大事として考え、オランダ技師団を招き本格的な三川分流計画を立案したのです。その中の技師:ヨハネス・デ・レーケに明治大改修を託したのです。

そこでデ・レーケは水源の北アルプス駒ケ岳や滑川など流域を綿密に調査して水害の分析をし、木曽・長良・揖斐の三川を分流する明治大改修計画を作成したのです。これに基づき明治20年(1887)から25年間の歳月を掛け工事を行い、その結果、三川分流を成し遂げたのでした。この工事の成功のお陰で流域では水害の減少、耕地の増加(合計246町歩)などの大きな成果をもたらし全国の河川改修計画を促進する契機になったのです。私が昭和36年(1961)に向かいのお爺さんとダイハツミゼットで訪ねた立田村と船頭平閘門には、そんな壮大な物語があったのです。

47年ぶりに訪れた
立田村と船頭平閘門の周辺は、とても整備され綺麗になっていました。木曽川文庫と言う素晴らしい施設(歴史資料館)や水生公園もありハスの花が咲いていました。なぜ閘門が有るか調べたら、これはパナマ運河の超ミニチュア版であることが判りました。つまり木曽三川が繋がっていた時は、船も自由に往来が出来ました。江戸・明治時代には大量運搬は船が主流で、大層盛んに物資の運搬に利用されていました。しかし三川分流が成れば、すぐ隣の川にも向こう岸にも行けなくなります。そこで考えられたのが閘門方式だったのです。


長良川と木曽川(高い)では水位が違い、水門で水を調節し水面の高さを一定に保ちます。そして隣の川へ行き来するのが可能になります。でなければ隣の川に移ることが不可能だったのです。貨車や車の時代に移り、1932年を境にして利用度は下降して行きました。明治35年完成、現在は釣り船やレジャーボートの利用が主になっていますが、まだ使われています。先人の遺産を大切に残して行きたいものです。
 
船頭平閘門脇の木曽川文庫パンフレットより拝借
 
百周年記念事業で多くの募金により建立される。
 
木曽三川治水の恩人 ヨハネス・デ・レーケ様 1842〜1913
明治6年来日、明治36年帰国。実に30年間に亘り日本の砂防・
河川改修工事・港湾事業に尽力された明治36年
勲二等瑞宝章
木曽川下流改修は明治以降の近代的治水工事として最初であり、
成功は全国の河川改修への弾みとなった。
 
1957年8月1日新発売のダイハツミゼットDK型:この後10数年間、当時のダイハツ工業では爆発的な大ヒット軽三輪車でした。1958年ダイハツ提供の白黒テレビコメディー「やりくりアパート」日曜日・夕方放送、大村昆ちゃんと佐々十郎の掛け合いCM:ミゼット!ミゼット!ミゼット!が実に面白かった。まだ白黒TVの普及は極一部、ご近所で遠慮しながらの観賞でした。

その頃の私は頭の悪いアホな中学生でした。これまでの人生で最も恐怖の時間を過ごした伊勢湾台風・1959年の後、1961年に我が家はセル付き・助手席は折畳み式のミゼットを購入した。国道一号線はまだガラガラの時代、そのミゼットの助手席に爺ちゃん、後部幌付き荷台に子供達を内緒で乗せて立田村へ向った。
 
スポンサードリンク


宝暦治水、明治改修や木曽三川の町村資料が豊富に揃う、お勧め館。 運河は両側ともレジャーボートの係留ばかりが目立つ。
【木曽川側】48年前に見受けたのは漁船ばかりであった。 【長良川側】48年前に見受けたのは漁船ばかりであった。
公園内のハス園・見頃は7月前半 水門扉・閘門の石積みは平成6年に改修
木曽川側】、周辺は道路を始め全てが綺麗に整備されていた。 長良川側】より
木曽三川に関して忘れてはならない輪中

竹箒の穂先のように流れていた木曽三川、土砂が堆積して自然に出来た堤防上に集落が出来たのは千年以上前です。そして洪水の避難場所としての水屋が出来たのがおよそ千余年前、集落の周り全体をを堤で囲った「輪中堤」が見られるようになったのが660余年前とのこと。鎌倉・室町をへて戦国時代のこの辺りは、船を操り船団を組み盛んに取引をしながら栄えていた。時の権力者の力も及ばない地域でも有った。

古戦場を辿る道で記しました。桶狭間の戦いの際、鳴海潟に今川の同盟軍として千艘?にも上る船隊で参じた。ウグイ浦(愛知県弥富一帯)の長島一向衆・服部左京助達も、輪中の寺々を砦とした本願寺門徒であろう。本願寺の蜂起に伴って、尾張の権力者(織田信長)にも抵抗していった。おそらく弥富も木曽川・佐屋川の流域で輪中であったと推測され、長島との繋がりは強いものがあったと思われる。

長島町の輪中の郷・ふるさとセンターは、数万の織田軍と戦い2万人以上が大虐殺された長島一向一揆のこと、千年余りの輪中の集落と生活、数々の資料や道具類が一杯あり、料金の安い中身の濃い資料館です。隣には大きな銀屋根の施設、立派な箱もので夕張や厚生年金保養所がチラッとよぎった 。「皆に知って貰えればいいな」広くとても充実した館内を見ながら思った。館員さんはとても親切でにこやかでした。
長島町:輪中の郷 ※右の写真のみはHPから拝借しました。 水屋や復元建物が見応えあり、輪中の民具や農耕機具も多い
スポンサードリンク

contents    
□ 趣味と家族をつなぐ道〜TOP

□ セカンド・ライフと趣味について
趣味で健康・病気も退散
□ 健康づくりに通じる趣味
□ ウォーキングで健康増進!
□ 忍び寄る病!原因は高尿酸
□ 腎臓・尿路結石で大騒ぎ!
□ メタボリックシンドローム
└ さよなら:メタポリック
 高血圧症について
└ 高血圧症の予防と食事
□ インタ-ネットと疲れ目対策
 
整体で肩こり・腰痛の治療
 背中をトントン凝りほぐし
□ はちみつとミツバチの話

□ 蜂蜜は自然の味:養蜂園
撮って描いたエクセル画
□ たちあおい・初夏の花
□ ハナショウブは浴衣美人
□ 優雅に白いハクレンボク
□ 危険な信号・大金鶏菊
□ 日日草は簡単栽培
□ あさがお&つるべ
□ ひまわりと夏休み魚とり
□ 梅雨のあじさいは陽光
□ エクセルでシェイプアート

地域の歴史&観光名所
□ 散歩道の歴史探訪
□ 旧東海道・鳴海宿と芭蕉翁
□ 郷土史:桶狭間の戦い・謎

□ 戦国歴史の古戦場を辿る
□ 古戦場は絞りの町

地域の歴史&観光名所 ?A
JR東海のリニア・鉄道館
□ 薩摩義士の苦闘・宝暦治水
 木曽三川と治水の歴史
└ 船頭平閘門と輪中の郷

写真とスケッチの趣味
□ 写真の世界の変遷とデジカメ
□ 写真フィルムの整理
□ フォトアルバムの編集
□ スケッチ絵のすすめ
□ パソコン・エクセル画とは
□ エクセルオートシェップPC画
□ 彼岸花の咲くころ・美濃
□ 絵手紙風の季節画・吊るし柿
自分に合った趣味探
□ 絵画同好会での写生と道具
□ 仲間や家族で楽しむ時間
└ 中高年・趣味のオートバイ
□ 映画の感動は永遠に
□ 陶器生産地の里めぐり

500円玉の貯金箱は缶
自然と草花といきもの
□ 植物・草花との触れあい
□ 自然薯掘り、滋養強壮食
□ 可愛いトンボと野鳥たち
└ 公園で自然の生き物観察
□ 紅白三色花桃の里を行く
□ 南信州の桃源郷と名所
□ 見目麗しいハスの花園
□ ベゴニア温室は南の風
 休暇村富士のヤマガラ


ローカルの旅に道の駅
□ ナビのドライブで道の駅めぐり
□ 日本一暑い町は美濃焼の町
陶磁器生産日本一は岐阜県
□ 
薄墨桜と根尾谷断層の地へ
□ 
農村景観日本一と巨大水車
□ 
高原の道の駅・温泉と棚田
七夕と農業と車の三河地方

 
風力発電・農業生産日本一

□ 
名曲:椰子の実と岬の灯台

天空の里に日本のチロル
暮らしの中の心の癒し
□ 園芸と菜園とプランター
□ 日本の古民家、ミニチュア化
□ 田舎暮らしにバイオトイレ
└ 田舎暮らしに環境トイレ
□ 新美南吉とごん狐の里・彼岸花
□ 故郷回帰は望郷の想い
□ お遍路道を歩いてみよう
 木のおもちゃで情操教育
省エネは自動制御 ?@ ?A

管理人&相互リンク
□ プロフィール
□ リンクについて・リンク集 


Copyright (C) TOPページに戻る All Rights Reserved