写真変遷 デジタルカメラ

写真変遷とデジタルカメラ

スポンサードリンク

HOME>写真の世界<リンクメニュー

写真変遷デジタルカメラの世界へ


貴重なカメラが庶民の手に、そしてデジタルカメラへ

写真変遷はデジタルカメラの時代へ変化したが、写真の面白かった時代が懐かしく想い出されます。ネット上の写真ホームページは多い、そして内容も美しく見ていて楽しい。自分が好きな世界である。いつ見てもこんなに素晴らし撮影がしてみたいと思う。写真の歴史についてはネットでも本でも限りなく知識を得ることが出来るが、自分の写真の歴史は大したことはない。子供の頃の少年画報か冒険王の付録の日光写真から始まっている。

昭和20年代から30年代初めまで、殆どの人が趣味で写真を始める生活状態ではなかった。全ての産業も戦争で壊滅、個人のカメラも戦前から大切に持っていたものが極僅か。子供のころは学校の新学期に写す集合写真で、マグネシウムがボッと発光する写真屋さんの写真機と、進駐軍(占領軍)兵士が首に掛けているカメラらしい箱か知らない。

街でカメラなど見たことはないし、街のカメラ屋さん(機材販売)も少なかった様に記憶している。日本のカメラ産業も戦前からの技術の蓄積とレンズの良さで細々作っていたようです。戦後初期の日本製カメラが認められたのは、朝鮮戦争と進駐軍GIのお陰だったようです。でもそれは日本人独特のもの作りに対する姿勢と、品質に対する取り組みが実を結んだと思われます。

まだフイルムの生産も規模が小さなものだったようです。昭和20年代は学校の集合写真も買えない時代でした。我が家に初めて小さなカメラが来たのは昭和31年です。兄が貯金を叩いて購入した小型カメラ、その頃は高価な買い物でした。手のひらに軽く乗ってしまうおもちゃの様なカメラ、勿論、現像すれば写真は3センチ角ほどで、顔など識別も出来ないが無性に嬉しかった。

戦中生まれの私の世代では、子供の頃の写真は極端に少ない。貧しさで学校の集合写真も買えなかった。識別できないほどの写真でも今では大切な宝です。ところが学校の先生は流石、写真機を持っている先生が居たのです。校内の真っ赤な電灯がある現像室で先生自ら現像して見えた。自分の20年代の写真には先生が同級生と写してくれた数枚もある。

先生がカメラを大切にしていた頃、小学校も中学校も修学旅行は蒸気機関車、まだ米を持参の旅でしたが、先生は盛んに撮影されていた。カメラが普及し始めたのは、やはり高度成長の初め昭和30年代中頃に近い。テレビも洗濯機もそろそろ家庭に入ってきた。まだフイルムは白黒一辺倒、この頃の蛇腹カメラと二眼レフカメラが懐かしい。

新聞のカラー写真は昭和20年代後半、石油コンビナートのタンク火災の写真が鮮明でよく記憶している。映画の邦画は白黒、洋画はアメリカ映画のカラーが多く、始めて観たのはマイティハキュリーの漫画映画とメトロニュースとアリババと四十人の盗賊。ひもじい時代の思い出は劇中のご馳走の山、大きな肉の塊を掴み食べるシーンが強烈で夢に見たものです。

誰もがカメラもフイルムも手軽に買え、ふんだんに撮影ができる時代になってから、かれこれ40数年が経過。今は亡き父親の写真の趣味も長い、35年間のうんざりするほど写真とネガある。自分も子供の頃の写真が無い反動と、アメリカ映画の影響で写真が好きでした。働くようになり月賦でカメラを買った。こちらも未整理の写真とネガがダンボール箱で5箱以上貯まっている。

新し物好きな私は、デジタルカメラとパソコンを同時期、カミさんに駄々をこね買って貰った。増えるばかりの写真をパソコンとフロッピーとMOで管理できないかと考え購入したが、その頃のデジタルカメラは画素数も少なく不鮮明、望遠も出来ず、電池はすぐ無くなり、まだまだ満足に至る製品ではなかった。フイルム写真に遠く及ばなかった。スキャナもプリンタもお粗末だった。

しかし感じていたとおり今やデジタルカメラ全盛である。もうメーカーはフイルムカメラの製造は中止です。世の中からレコード盤が駆逐されていったように、やがてフイルムカメラも押入れ行き、蛇腹や一眼:二眼レフやハーフカメラや接眼レンズが埋もれてゆく、膨大な写真も銀塩フイルムカメラも自分達の世代と共に消え去ってゆくのです。何か物悲しくて寂しい限りですね。

  
写真の変遷がデジタルカメラまで来たが、この先の世界はどう変わるのか夢のまた夢の世界、我々の時代もフィルム写真と共に歴史の中に埋没して行く。それが人の世の流れかも知れない。
    
 フランス領インドネシア、ベトナム
(サイゴン:1941・父のアルバムから)


先生が持っていた二眼レフ。

QV-10

DC-4

COOLPIX5000

olympus µ780

小さな願い!今ほしい!
デジカメ一眼レフ
OLYMPUS E-P3
レンズ12mm&14-42mm

40-150mm
スポンサードリンク

蛇腹、二眼レフ、昭和30年代の垂涎品です。 囲炉裏を囲みカメラ談義、良いですよ。
マクロで撮らずに失敗、ピンボケ写真です。
田舎へ行けばいつも有る兄のコレクション!
囲炉裏の周りは骨董品だらけになりました。

どこのお宅もフィルムカメラはお蔵入り、ふと
私のカメラ、おやじのカメラと眺めるのも実に
気分が良いが、またそれも寂しいひと時です。

日本国中で捨て難いお蔵入りのレコード盤と
銀塩カメラの機数は膨大な量と思われます。
半世紀も経たずに、やがて消え去るでしょう。

マイ・デジタルカメラはこれからも・・

1996年購入の最初のデジタルカメラ、カシオのQV-10は25万画素、2台目はリコーのDC-4で132万画素、 3台目はCOOLPIX5000で500万画素、2007年は散歩用にOLYMPUS-µ780(710万画素)と推移して行く。今は画素数も1,000万を越えている。QV-10では沢山撮影したが画像が荒く不鮮明で印刷に適さなかった。リコーでも結構撮影したが両方とも映像ファイルをハードデスク・クラッシュで全て失くしてしまった。未だに残念で諦めきれない。

フイルム写真の利点は保管が大変だが記録が残せることです。それと整理さえしてあれば家族や知人がいつも見れるのです。パソコンの性能も周辺機器の性能も格段に良くなった。デジカメで接写すれば古い銀塩フイルム写真の再生も遣りやすくなった。映像処理用ソフトもUSBメモリもCDもあり、バックアップが格段に楽に成っている。山のような写真の整理もコツコツ処理が可能になっています。趣味として デジタルカメラに先見したことが、今は活きている。
スポンサードリンク

contents    
□ 趣味と家族をつなぐ道〜TOP

□ セカンド・ライフと趣味について
趣味で健康・病気も退散
□ 健康づくりに通じる趣味
□ ウォーキングで健康増進!
□ 忍び寄る病!原因は高尿酸
□ 腎臓・尿路結石で大騒ぎ!
□ メタボリックシンドローム
└ さよなら:メタポリック
 高血圧症について
└ 高血圧症の予防と食事
□ インタ-ネットと疲れ目対策
 
整体で肩こり・腰痛の治療
 背中をトントン凝りほぐし
□ はちみつとミツバチの話

□ 蜂蜜は自然の味:養蜂園
撮って描いたエクセル画
□ たちあおい・初夏の花
□ ハナショウブは浴衣美人
□ 優雅に白いハクレンボク
□ 危険な信号・大金鶏菊
□ 日日草は簡単栽培
□ あさがお&つるべ
□ ひまわりと夏休み魚とり
□ 梅雨のあじさいは陽光
□ エクセルでシェイプアート

地域の歴史&観光名所
□ 散歩道の歴史探訪
□ 旧東海道・鳴海宿と芭蕉翁
□ 郷土史:桶狭間の戦い・謎

□ 戦国歴史の古戦場を辿る
□ 古戦場は絞りの町

地域の歴史&観光名所 ?A
JR東海のリニア・鉄道館
□ 薩摩義士の苦闘・宝暦治水
 木曽三川と治水の歴史
└ 船頭平閘門と輪中の郷

写真とスケッチの趣味
□ 写真の世界の変遷とデジカメ
□ 写真フィルムの整理
□ フォトアルバムの編集
□ スケッチ絵のすすめ
□ パソコン・エクセル画とは
□ エクセルオートシェップPC画
□ 彼岸花の咲くころ・美濃
□ 絵手紙風の季節画・吊るし柿
自分に合った趣味探
□ 絵画同好会での写生と道具
□ 仲間や家族で楽しむ時間
└ 中高年・趣味のオートバイ
□ 映画の感動は永遠に
□ 陶器生産地の里めぐり

500円玉の貯金箱は缶
自然と草花といきもの
□ 植物・草花との触れあい
□ 自然薯掘り、滋養強壮食
□ 可愛いトンボと野鳥たち
└ 公園で自然の生き物観察
□ 紅白三色花桃の里を行く
□ 南信州の桃源郷と名所
□ 見目麗しいハスの花園
□ ベゴニア温室は南の風
 休暇村富士のヤマガラ


ローカルの旅に道の駅
□ ナビのドライブで道の駅めぐり
□ 日本一暑い町は美濃焼の町
陶磁器生産日本一は岐阜県
□ 
薄墨桜と根尾谷断層の地へ
□ 
農村景観日本一と巨大水車
□ 
高原の道の駅・温泉と棚田
七夕と農業と車の三河地方

 
風力発電・農業生産日本一

□ 
名曲:椰子の実と岬の灯台

天空の里に日本のチロル
暮らしの中の心の癒し
□ 園芸と菜園とプランター
□ 日本の古民家、ミニチュア化
□ 田舎暮らしにバイオトイレ
└ 田舎暮らしに環境トイレ
□ 新美南吉とごん狐の里・彼岸花
□ 故郷回帰は望郷の想い
□ お遍路道を歩いてみよう
 木のおもちゃで情操教育
省エネは自動制御 ?@ ?A

管理人&相互リンク
□ プロフィール
□ リンクについて・リンク集 


Copyright (C) TOPページに戻る All Rights Reserved