カメラフイルム 整理

カメラフイルムの整理

スポンサードリンク

HOME>写真フィルムの整理<リンクメニュー

カメラフィルム整理で伝える家族の歴史


一枚ごとに想い出は語る!

ふとカメラフィルム整理をしなければと思った。どちらの家庭でも何世代も続いていればカメラフィルムは多い。家を継いでいなくても、個々に家庭を持てば家族の数だけ写真は増える。家族が節目節目の記念に写しているカメラフィルム、職場・学校・仲間・同好会と写す機会も多ければ、机の中、本棚、押入れ、ダンボール箱、アルバムと身の回りに一杯です。

これに家族で写真の趣味がある人が居れば、それこそ未整理のカメラフィルムが置き場のないほど増えてくる。写真は家族で個々に思い入れが深いもので、個人的付き合いの職場や学校関係などの写真は、家族でも本人以外は殆ど分からない。ましてや写真に興味がなければ重要性も解らないので整理もせずお蔵入りになっている。

家族毎に見易くアルバム整理して保管するなど考えもしないものです。私の場合、亡くなった父親が写真の趣味、タンスの引き出しにネガが一杯、比較的アルバム化はされていても、未整理のフィルム写真が一杯ある。自分の未整理写真も山ほどある。戸棚棚、押入れ、物置を覗く度に「カメラフィルムを整理をしなければ」と思いながらもつい見ていた。

跡を取るべき兄達が60代半ばで次々に他界した。自動的に母親とぼろ家と、処理しなければならない諸々を引き継いでしまった。暫く捨て置いたがいずれは真剣に取り組まなければならない。私は兄弟の中でも写真に興味がある方です。どの家にも変遷がある。我が家でもそうです。明治中期、時代の波で家業の問屋場が没落、新家業再興で信州に土着した。

祖父は大正:昭和初期と炭焼きで成功したが、やがてそれも終焉した。離転・空襲・多くの引越しで明治・大正期の写真は散逸したそうです。それでもかろうじて時代の伝道写真が一部残っている。母親が実母の亡くなった時に、実家からこっそり持ってきた大正・昭和初期時代の写真も多くある。

私は小学生のころ、それらの写真を見るのが好きで、何時も母親の傍で「この人誰、この写真はどこで写したの?」と何時も聞いていた。一族の写真を後世に伝えるために、ご先祖様の導きだったかも知れないと、この頃は思っている。父親の従軍写真もやけに多いが、静岡連隊の話や戦地ベトナムの話を聞き逃してしまった。

写真の整理をどのようにやるのか?

カメラフィルムの整理を真剣に考え出したのは1996年、デジカメに着目してからです。そしてパソコンとスキャナと写真処理ソフトも欲しくなった。Adobe PhotoDeluxe for ファミリー 3.0とカシオのQV-10・デジカメです。前ページで記述した経緯です。どれも初期の周辺機器は余りよくなく整理は進まなかった。

しかし今はパソコンもプリンタもデジカメも3代目、スキャナは2代目で格段に性能は良い。ソフトのAdobe PhotoDeluxe forファミリー 3.0は古いが写真の修整には困らない。写真の整理には傷の修整位が出来れば高度な技術は余り要らない。威力の発揮はスキャナがあれば御の字である。

一族に伝える写真、家族用、独立する子供達用にアルバムを作るのが、夫婦の老後の目標です。喧嘩しながら整理するのも健康に良いかも知れません。古い写真の詳細は母親も亡くなりもう訊くことも出来ず高齢の親類も絶えた。跡取りでもない私が膨大な写真の保存者となった。自分の知っている範囲で注釈を記述するより方法がない。

やはり身辺に写真があり、幼い時から内容を聞いていないと分からない。女房も嫁さん達も以前は他人様、ましてや跡取りが写真の思い出や経緯を知らず、興味がなく伝える意識もなければ写真はただの遺物である。時代と共に一族の歴史は四散し封印されてしまいます。先祖を敬う気持ちも薄らぐと思われます。

少しでも先祖のことを子や孫に伝えて行くには、写真が持っている想い出と物語です。写真を整理して注釈を付けアルバム化するのが良いと思います。毎日が日曜日の今では、比較的時間はある。それも自分が元気な内にするのです。次ページでは私が進めている整理をお話致します。

相当に痛んでいるため修整に難儀する。

村に電気がやって来た日(1920 年)電柱の前で  薄暗いランプとホヤ掃除におさらば!
(2010年)最後の生存者・左端の母親が
亡くなった。代替わりで総てが忘却の彼方

大正・昭和初期に父方の祖父は炭焼きで成功
村では珍しく、伯母達を女学校へ進ませた。

明治生まれの伯母の女学生時代
普通の日本人は着物・はかま姿だった。
(下写真 、拡大します)
昭和17年開戦劈頭の占領地:サイゴン
大日本帝国はまだ破竹の勢いであった。
戦況報を観ている兵士にも地獄が近い。

大正の後期、村相撲はどこも盛況!であった。
近頃の大相撲は強い外人ばかり、実に歯痒い
観衆に帽子姿が多いのが、この時代の特徴。
スポンサードリンク

contents    
□ 趣味と家族をつなぐ道〜TOP

□ セカンド・ライフと趣味について
趣味で健康・病気も退散
□ 健康づくりに通じる趣味
□ ウォーキングで健康増進!
□ 忍び寄る病!原因は高尿酸
□ 腎臓・尿路結石で大騒ぎ!
□ メタボリックシンドローム
└ さよなら:メタポリック
 高血圧症について
└ 高血圧症の予防と食事
□ インタ-ネットと疲れ目対策
 
整体で肩こり・腰痛の治療
 背中をトントン凝りほぐし
□ はちみつとミツバチの話

□ 蜂蜜は自然の味:養蜂園
撮って描いたエクセル画
□ たちあおい・初夏の花
□ ハナショウブは浴衣美人
□ 優雅に白いハクレンボク
□ 危険な信号・大金鶏菊
□ 日日草は簡単栽培
□ あさがお&つるべ
□ ひまわりと夏休み魚とり
□ 梅雨のあじさいは陽光
□ エクセルでシェイプアート

地域の歴史&観光名所
□ 散歩道の歴史探訪
□ 旧東海道・鳴海宿と芭蕉翁
□ 郷土史:桶狭間の戦い・謎

□ 戦国歴史の古戦場を辿る
□ 古戦場は絞りの町

地域の歴史&観光名所 ?A
JR東海のリニア・鉄道館
□ 薩摩義士の苦闘・宝暦治水
 木曽三川と治水の歴史
└ 船頭平閘門と輪中の郷

写真とスケッチの趣味
□ 写真の世界の変遷とデジカメ
□ 写真フィルムの整理
□ フォトアルバムの編集
□ スケッチ絵のすすめ
□ パソコン・エクセル画とは
□ エクセルオートシェップPC画
□ 彼岸花の咲くころ・美濃
□ 絵手紙風の季節画・吊るし柿
自分に合った趣味探
□ 絵画同好会での写生と道具
□ 仲間や家族で楽しむ時間
└ 中高年・趣味のオートバイ
□ 映画の感動は永遠に
□ 陶器生産地の里めぐり

500円玉の貯金箱は缶
自然と草花といきもの
□ 植物・草花との触れあい
□ 自然薯掘り、滋養強壮食
□ 可愛いトンボと野鳥たち
└ 公園で自然の生き物観察
□ 紅白三色花桃の里を行く
□ 南信州の桃源郷と名所
□ 見目麗しいハスの花園
□ ベゴニア温室は南の風
 休暇村富士のヤマガラ


ローカルの旅に道の駅
□ ナビのドライブで道の駅めぐり
□ 日本一暑い町は美濃焼の町
陶磁器生産日本一は岐阜県
□ 
薄墨桜と根尾谷断層の地へ
□ 
農村景観日本一と巨大水車
□ 
高原の道の駅・温泉と棚田
七夕と農業と車の三河地方

 
風力発電・農業生産日本一

□ 
名曲:椰子の実と岬の灯台

天空の里に日本のチロル
暮らしの中の心の癒し
□ 園芸と菜園とプランター
□ 日本の古民家、ミニチュア化
□ 田舎暮らしにバイオトイレ
└ 田舎暮らしに環境トイレ
□ 新美南吉とごん狐の里・彼岸花
□ 故郷回帰は望郷の想い
□ お遍路道を歩いてみよう
 木のおもちゃで情操教育
省エネは自動制御 ?@ ?A

管理人&相互リンク
□ プロフィール
□ リンクについて・リンク集 


Copyright (C) TOPページに戻る All Rights Reserved