スケッチ 絵

スケッチと絵

スポンサードリンク

HOME>スケッチのすすめ<リンクメニュー

誰でもできる!スケッチ絵を描こう

絵を描くまで、こっちでふらり・あっちへふらり・!
絵とは物事や情景を、色・線・形などによって、平面上に写し表したもの。
スケッチとは眼前の風景やものなどを大まかな絵にかくこと。風景・情景などを作為をまじえずに書きとめる写生・素描のことを言う。


「想い出、火鉢で餅焼き」
透明水彩に辿り着いた。最初の作品
イタリアもローマは行った事がありますが名古屋港にあったミニイタリヤ村も絵になった。ここも倒産とか建築条例違反とかでもう無い!港には絵になる風情が多い。
常滑:煙突も半世紀前は真っ黒な煙で盛んだったそうです。現役でない今は倒壊防止のため、短くするか無くなって行く運命です。最近訪れたらこの煙突が短くなっていた
物心付くころからスケッチを描くことが好きではあったが、一向に上手くならない。ただ漠然と描くのみで上達など夢のまた夢、20代は水彩、30代は油絵、今は短時間で完成するスケッチ絵、先生に師事したことはない。作品は全て自然消滅、好きな時に自分の好きな事を、自由に楽しくがモットー!純然たる本当の趣味として楽しんでいるだけです。ふと絵が好きになった原点を考えると行き着く。1950年代前半の少年雑誌に遡る。「少年クラブ、少年画報、少年、冒険王」夢を与えてくれたのは、今の漫画雑誌より有った様な気がする。

鉄腕アトム・ポストくん(がま公が好きだった)・砂漠の魔王・少年王者・小松崎茂先生の絵・いがぐりくん・テレビが微少な時代、何度もむさぼり読み、模写し描いた。中学校の担任が美術の先生、下手な絵を良く認めてくださいました。人は誉めて育てるが教育の原点と、家庭でも教育現場で社会でもよく聞きます。おだてられて木に登ったから永い間、好きが継続したかも知れません。現在は少々スケッチ絵をする程度です。透明水彩具の用意は15年ほど前からで、リタイヤ後の趣味として準備をして置いたのです。

元来、飽きっぽく虚ろ気の性格なので、手当たり次第に趣味を持って忙しく、ゆったりした絵画を遣れなかったのが今日までに至っただけです。油絵を遣っていた頃は食事もそこそこ、夢中で絵の具を部屋中散らかしていた。昔は部屋も狭く一部屋を占領、子供が恐怖!絵の具は散らかし、目を離すと作品の上を歩いている。ご承知のように油絵は簡単に乾かない、時間が掛かるのが欠点です。絵の具の調整も難しく周りは色だらけ、臭いが嫌われる。絵の具も材料も費用が掛かる。イメージはベタベタ感、周りが汚れるし乾かないから片付けられない。

会社で同好者が3人居たが、同じような部屋の環境、我が家のカミさんと同じ苦情を奥様方から頂いていた。そんなこんなで油彩は一時停止になり30年以上経過した。その間も他の趣味は幾つ遣ったか、仕事で手一杯であろうが構わず手を出していた。やがて知識に疎く笑われていたパソコンに超目覚めた。飲み込みが悪く疎外されてみて、俄然闘争心に火がついた。「仕事にどうしても必要だから」とカミさんを騙し毎日嘆願した。「買うまで駄々をこねる、子供と一緒だ!」とカミさんに何時も叱られていた。

その後もNHK講座の書道・ハングル・冬になればスキーに嵌って行った。金曜日の夜にはカミさんの里へ、食料持参で無人の家に1人宿泊、時には囲炉裏の炭火で一酸化炭素中毒になりかけた。早朝一番にゲレンデへ走る。仕事も趣味も良く頑張ったものです。アマチュア無線も携帯電話となり、スキーも危ないからと行かして貰えなくなり、道具は押入れの隅に鎮座している。幸い趣味のカメラとパソコンは現在も残っている。兎に角、何でも挑戦しなければ治まらない。インターネットも早かった。パソコンの趣味も長く15年以上継続している。実に面白い!オタクの毎日になっている。

2005年秋から始めたウォーキングも習慣になってきた。「少ない年金でよくやれるわ」とカミさんに嫌味を言われても、どこ吹く風です。パソコンを楽しみながら、並行して散歩道の景色、焼き物道のスケッチ・撮影にと中老シルバー生活を満喫している。このような趣味は、費用も掛からず楽しいです。健康増進にも最適です。

瀬戸:洞(ほら)本業窯、お綺麗で気さくな若奥様が釉薬作りをされていた。手を休められギャラリーの作品説明をして下さいました。
両国橋を渡って浅草寺に行く途中の神田川柳橋?年に一度の東京旅行がまた楽しみです。隅田川の遊歩道巡りは絵になります。
50代初めの色鉛筆作品、油彩から色鉛筆画、そして透明水彩に移行する。色々経験して自分に合った画法や画材を確立すればいいと思います。
スポンサードリンク

スケッチ絵のすすめ◇まず簡単に描く!

ありのままを見たとおり画紙に描いてゆけばよいのです。彩色仕上げは自宅でやっても良いのです。そうすればウオーキングやハイキングの途中でも描けるのです。絵も音楽も物作りなどの趣味は精神を集中や心の癒しにはもってこいです。作品が残る多くの趣味の一つです。簡単に短時間で仕上げるのには、透明水彩やパステル、色鉛筆画になります。簡単ですので私はスケッチとして考えています。手が汚れず軽便で扱いやすく、絵手紙調に描けば即作品で満足できます。スケッチBOOKでも間に合います。家族にも見てもらえますし趣味の仲間つくりは容易です。

絵を描くのに時間が掛かるのでしたら、同じ場所をデジカメで撮影しておけば、帰ってから自宅でも描けます。しかし出来る限り、現地で目で確認しながら描きましょう。絵が生きてきます。ウォーキングがてら森林浴も兼ね、良い空気を吸いに郊外へ出掛けて見るのも身体にとってはとても良いことです。こんな公園も↓スケッチには良いですよ。古い知り合いがボランティアで先生をしています。女性が熱心なようです。絵を描くのに時間が掛かるのでしたら、同じ場所をデジカメで撮影しておけば、帰ってから自宅でも描けます。

 
しかし出来る限り、現地で目で確認しながら描きましょう。絵が生きてきます。ウォーキングがてら森林浴も兼ね、良い空気を吸いに郊外へ出掛けて見るのも身体にとってはとても良いことです。こんな公園もスケッチには良いですよ。古い知り合いがボランティアで先生をしています。女性が熱心なようです。


新緑や緑陰の涼しい夏も過ぎれば公園は真っ赤な紅葉に包まれます。


   
スポンサードリンク

contents    
□ 趣味と家族をつなぐ道〜TOP

□ セカンド・ライフと趣味について
趣味で健康・病気も退散
□ 健康づくりに通じる趣味
□ ウォーキングで健康増進!
□ 忍び寄る病!原因は高尿酸
□ 腎臓・尿路結石で大騒ぎ!
□ メタボリックシンドローム
└ さよなら:メタポリック
 高血圧症について
└ 高血圧症の予防と食事
□ インタ-ネットと疲れ目対策
 
整体で肩こり・腰痛の治療
 背中をトントン凝りほぐし
□ はちみつとミツバチの話

□ 蜂蜜は自然の味:養蜂園
撮って描いたエクセル画
□ たちあおい・初夏の花
□ ハナショウブは浴衣美人
□ 優雅に白いハクレンボク
□ 危険な信号・大金鶏菊
□ 日日草は簡単栽培
□ あさがお&つるべ
□ ひまわりと夏休み魚とり
□ 梅雨のあじさいは陽光
□ エクセルでシェイプアート

地域の歴史&観光名所
□ 散歩道の歴史探訪
□ 旧東海道・鳴海宿と芭蕉翁
□ 郷土史:桶狭間の戦い・謎

□ 戦国歴史の古戦場を辿る
□ 古戦場は絞りの町

地域の歴史&観光名所 ?A
JR東海のリニア・鉄道館
□ 薩摩義士の苦闘・宝暦治水
 木曽三川と治水の歴史
└ 船頭平閘門と輪中の郷

写真とスケッチの趣味
□ 写真の世界の変遷とデジカメ
□ 写真フィルムの整理
□ フォトアルバムの編集
□ スケッチ絵のすすめ
□ パソコン・エクセル画とは
□ エクセルオートシェップPC画
□ 彼岸花の咲くころ・美濃
□ 絵手紙風の季節画・吊るし柿
自分に合った趣味探
□ 絵画同好会での写生と道具
□ 仲間や家族で楽しむ時間
└ 中高年・趣味のオートバイ
□ 映画の感動は永遠に
□ 陶器生産地の里めぐり

500円玉の貯金箱は缶
自然と草花といきもの
□ 植物・草花との触れあい
□ 自然薯掘り、滋養強壮食
□ 可愛いトンボと野鳥たち
└ 公園で自然の生き物観察
□ 紅白三色花桃の里を行く
□ 南信州の桃源郷と名所
□ 見目麗しいハスの花園
□ ベゴニア温室は南の風
 休暇村富士のヤマガラ


ローカルの旅に道の駅
□ ナビのドライブで道の駅めぐり
□ 日本一暑い町は美濃焼の町
陶磁器生産日本一は岐阜県
□ 
薄墨桜と根尾谷断層の地へ
□ 
農村景観日本一と巨大水車
□ 
高原の道の駅・温泉と棚田
七夕と農業と車の三河地方

 
風力発電・農業生産日本一

□ 
名曲:椰子の実と岬の灯台

天空の里に日本のチロル
暮らしの中の心の癒し
□ 園芸と菜園とプランター
□ 日本の古民家、ミニチュア化
□ 田舎暮らしにバイオトイレ
└ 田舎暮らしに環境トイレ
□ 新美南吉とごん狐の里・彼岸花
□ 故郷回帰は望郷の想い
□ お遍路道を歩いてみよう
 木のおもちゃで情操教育
省エネは自動制御 ?@ ?A

管理人&相互リンク
□ プロフィール
□ リンクについて・リンク集 


Copyright (C) TOPページに戻る All Rights Reserved